研究所紹介

home > R&D > 研究所紹介

㈱韓中の技術研究所を中心に、未来成長動力と係わる自動車、
エネルギー分野のR&D
に集中しています。

2005年、企業附設研究所を設立し、自動車関連部品の研究開発を遂行してきました。最近、グローバルエネルギー危機に対応するための再生可能エネルギーに係わる研究へ領域を広げています。これから国内外でのR&Dインフラ及び研究人材を土台に、技術開発に拍車をかける一方、顧客から認められる技術研究所になるために最善をつくします。

水素経済をリードする水素燃料電池、M-BOP開発

㈱韓中の技術研究所を中心に、未来成長動力と係わる自動車、エネルギー分野のR&Dに集中しています。

溶融炭酸塩燃料電池(MCFC)、M-BOP開発

㈱韓中の技術研究所を中心に、未来成長動力と係わる自動車、エネルギー分野のR&Dに集中しています。

固体酸化物燃料電池(SOFC)、M-BOP開発

㈱韓中は、2012年12月から中小企業庁及び技術情報振興院と研究開発の事業協約を締結し、これから2年間数億ウォンの開発コストをかけ、「固体酸化物燃料電池用熱交換式リフォーマー」の開発を遂行中にあります。これを通じ、今後燃料電池専門企業としての立地を固めることができると期待しています。

水素燃料電池テストベッド構築協力

㈱韓中は、水素燃料電池のメッカである浦項工科大学(POSTECH)と、水素燃料電池テストベッドの構築に関する協約を締結し、関連共同研究及びテストベッドの構築事業を一緒に推進しています。

顧客の大事な生命と財産を守るための次世代自動車開発

㈱韓中は、1995年に設立され「自動車部品」の一筋のみを固執してき、多様な自動車部品に関する技術及びノウハウを確保するために努力してきました。最近、品質、安全の技術トレンドに応じるために技術開発人材を強化し、耐えずに最新技術の開発に主力しています。

乗客重量分類システム(W.C.S)開発

㈱韓中は、乗客を分類し状況に合わせ自動車の安全装置を技術的に制御できる"W.C.S(Weight Classification System)"の開発に参加し事業化に成功しました。現在は売上げの相当部分を占める必須アイテムとして位置づけています。

車両ブレーキ安全装置開発

㈱韓中は、技術研究所の自動車部品の開発領域を強化し、顧客の大事な生命と財産を保護する「車ブレーキ安全装置」の開発を推進しています。特に、2013年から関連特許権の確保及び研究開発技術人材の確保を通じ、関連技術の開発に速度を加えることで期待しています。